小田原 あざみ野 総合格闘技 空手 キックボクシング 蒼天塾 あざみの道場
元気です!! 星川尚浩

第五回 ~星川のすごさ~ by田代徳一


元気です!! 星川尚浩

何故橋本さんに紹介にしたのか?
他、 みちのくプロレス、大阪プロレスの関係者 のみなさんに 迷惑がかかるといけない。

でもプロレス事情にまったく疎い自分に は 何が迷惑なのかもわからないので そこで止まってしまってました。
その期間の話を割愛して 先に進む事にしました。

ZERO ONE の女の子から電話。
「星川さんの家教えて下さい」
「あー行って、こー行って……なんで?」
「前に星川さんとやった選手が星川さんに会いたいと言うことで今向かってるんですけど、ナビに入れても出ないんですー」

(そりゃそうだ)

そおいう事なら最後わかりにくいから… と、行ってきました。呪だけど。

バーン選手と田中選手と事務の子と三人で 来てくれました。 その時の星川の回復振りに驚いた。表紙が田中選手の週プロを渡され 読み耽る星。

ふと見ると、右手を使ってページをめくっている。

すごい!かなりスムーズに右手が使えるようになっている。

そして、平行棒みたいなリハビリのバーまで車椅子で行くと、これまたスッと立ち上がる。前見た時の3倍以上のスピードだ。そして、右足を高くあげ歩いてみせた。

最後に、お父さん手作りのゴム製のトレーニング器具。 「うおおー」と、うちの道場でやっていた時と同じ声を挙げ、何回も引っ張る。 「ラスト」と言いながら、グググーっと…。

田中選手も外人選手も驚いていたが、一番驚いたのは俺だ! いつも、道場に来たり、農園を覗きに来たりしても車椅子だったので、ここまで回復しているとは思わなかった。

弱気になっていた自分が恥ずかしい。今度やっと試合に出る気になった成田が昔話をしてる時言ってた。
「星川さんと組手やった時、強烈に覚えてます。どんな攻撃を入れてもまったく効かなかったことを…プロレスラーってなんなんだ?と思いましたよ」
と、それにしても、ここまで良くなるのに、どれだけのリハビリを要したのか… 時間もさることながら、伴う痛みも相当なものだっただろう…簡単に頑張ってます!のレベルではない(知っている人はわかるだろう)

本当にすげえ奴だ。

俺みたいな男にも勇気と感動を与えることができる。 リングの上だけが全てじゃねえな・・・

星川尚浩について

元気です!! 星川尚浩

当時ZERO-ONE所属だった星川尚浩選手は2004年秋ZERO-ONE札幌大会での試合後に頭部強打による急性硬膜下出血で死の淵を彷徨いました。

田代塾長、高阪選手等が札幌まで激励に駆けつけたり多くの方の願いが叶い、また何より本人の「生きたい!!」という気持ちが消えかかっていた命の灯りに再び灯をともしたのです。

彼は現在病院と自宅を行き来してリハビリに励んでいる毎日ですがこのページでは何か変化などがあれば随時ご紹介していきます。

星川選手への激励のメッセージ等ございましたら是非こちらまで!! webmaster@soutenjuku.com
お預かりしましたメッセージは責任持って星川選手に直接お届け致します。